新車購入時に今まで乗ってきた車の方の下取りをディーラーに依頼す

トータルの走行距離が10万キロをオーバーしている車

トータルの走行距離が10万キロをオーバーしている車を売る場合、査定をお願いしても、実際にはたいていが、買取不可になってしまいます。

とはいえ、タイヤを変えてからまだ日が経っていなかったり、十分な車検の期間が残されているなど、なにかしらの値打ちがある車両であれば値段がつくかもしれません。 続きを読む

車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中

査定の金額が満足できなければ、納得のできる価格、査定金額を出し

査定の金額が満足できなければ、納得のできる価格、査定金額を出してくれる買い取りディーラーをみつけるまで査定をお願いできます。

しかし、短くない期間に渡って査定ばかりやってもらっていると、その間に古い車のレートが低下してしまって、マイナスになる可能性もあります。 続きを読む